FC2ブログ

「賢明なる投資家」9086先生著

賢明なる投資家(The Intelligent Investor)は、世界一の大富豪投資家のウォーレンバフェットの師である、ベンジャミングレアムによって1949年に初版が書かれました。投資本の古典的名著で、何度読んでも勉強になります。

正直、株式投資これを読まなければやってはいけないといえるくらい、私にとっては大切な1冊です。
この本で、私は株式・債権市場に対する考え方、歴史とその対処法を教わりました。

風呂に入っているときに読んで、寝る前に読んで、食事中に読んで…(本当はしっかり読んだ方がいいでしょう。)

概略

第1章 投資と投機-賢明なる投資家が手に入れるもの

投資とは、詳細な分析に基づいたものであり、元本の安全性を守りつつ、かつ適正な収益を得るような行動を示す。そしてこの条件を満たさない売買を、投機的行動であるという。

うーん。いきなり定義がなされました。かなり大切な一言です。

投資家は、まず積極的投資家と防衛的投資家の立場の決定を行わなければならない
ここに曖昧な中間的立場はない。


防衛的投資家とは安全かつシンプルな投資を好む人と定義

防衛的(受動的)投資家とは、大きな失敗や損失を避ける事に最大の関心がある人々を指し、彼らがそれに次いで重視するのは努力や不快感、また度重なる投資判断の必要から逃れることにある。

その投資の内容は、超優良債券と主要株式銘柄に分けて投資

50:50が基本です!
(25:75-75:25まで許容される。)

20章までありますが、まあおもしろいので読んでみては~

第2章 投資家とインフレーション
第3章 株式市場の歴史
第4章 一般的なポートフォリオ戦略
第5章 防衛的投資家のための株式選択

第6章 積極的投資家の分散投資
第7章 積極的投資家の投資
第8章 投資家と株式市場の変動
第9章 投資ファンドへの投資
第10章 投資家とそのアドバイザー
第11章 一般投資家のための証券分析
第12章 一株あたり利益に関して
第13章 上場四企業の比較
第14章 防衛的投資家の株式選択
第15章 積極的投資家の株式銘柄選択
第16章 転換証券とワラント
第17章 特別な四社の例
第18章 八組の企業比較
第19章 株主と経営陣
第20章 投資の中心的概念「安全域」

バリュー投資(20章のこと)の祖とか言われてますが、私にとっては投資とはいかなるものか?という問いに答えてくれる本です。

★★★★★+★ 5↑です。

株を買う前に読め!です。
スポンサーサイト



2015-05-20 23:52 : 投資方針 : コメント : 1 :
コメントの投稿
非公開コメント

読んでみたいです!
自分が投資を始めるきっかけになった「金もち父さん貧乏父さん」に、ウォーレンバフェットやベンジャミングレアムの話が出ていたような記憶があります。

こちらの本は実際には読んだことがないので、これから読んでみたいと思います!
2015-05-21 21:27 : ポコポコのすけ URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

9086

Author:9086
37歳男性 サラリーマンの投資、読書、家庭菜園日記です。
投資:防衛的投資家 PF 目標年+5%
読書:名作をメインに乱読 週1冊年間50冊
家庭菜園:開始しました。
リンクフリーです。お優しい方リンクしてください。
お願いします。
コメントお待ちしています。

投資家のみなさん

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる